カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

やはり、日経225は20000円までタッチしまうのでしょうか?

こんにちは。カエデナです。

日本株、非常に地合が悪いですね。

そして、私のひふみプラスの評価額は下がる一方です…。
金曜日の段階で、「三空叩き込み」のサインが出たので、そろそろ反転の兆しかと思ったのですがこれを否定、さらに下げて4日連続続落…。

f:id:kaedena:20180305202251p:plain


「三空叩き込み」とは、チャートに三つ窓を開けて下げるという投げ売り状態のサインです。買い方に対してロスカットが出て投げ売り状態になっていることを想像します。

このサインが出ると、「売られすぎ」ということで相場が反転することもあるのですが、今回はこれを否定、さらに下げる傾向になりました。

 

やはり、当初の予想通り日経平均20000円の窓を埋めに行く展開なのでしょうか。

いくのなら一気に埋めて欲しいです。

f:id:kaedena:20180305202618p:plain

 

 

www.kaedena.com

 

アメリカが利上げするということは、それだけ米国経済が好調である、ということです。
企業のファンダメンタルは日本企業もアメリカの多国籍企業も良好で、こういうときにはしばらく待つしかないかもしれませんね。
日本市場はニューヨーク市場のコピーなので、いずれ回復することを期待します。
余力があれば、買いましのチャンスになるでしょう。