カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

節分天井、彼岸底とは2018年はどーなのか?

こんにちは。カエデナ(@kaedena)です。

 こっちはどうでもいい話です…。

 

 アメリカのトランプ大統領が中国にたいして、

「貿易戦争をしかけるぞゴルァ!」

みたいなことでNYダウも日本株も暴落を見せていました。

 もちろん、中国側も

「ふざけんなゴルァ!対抗措置取るぞ」

という姿勢を見せています。

 

ここでどっちが勝つかどうかっていうのは話が違うのですが、少なくとも中国はアメリカ債権を死ぬほど持ってるんです。 アメリカの借金を中国が肩代わりしているような状況ですね。それじゃー、

中国「アメリカ債権、リリース(売却)するで?」

ってなことになると、アメリカは飛びます。

 

ようするに、どっちもキレたら死ねるので両国でどこかで落とし所つけるんじゃないか?と思っています。

それよりも、昨日に下げまくった日経の売りがひどすぎます。

 

空売り比率50%を超えているんです。これって、予めトランプ大統領の発言の前に仕込んでいた機関投資がいるのではないか、とも考えられますよね。

 

アメリカ&中国のマーケットメイカー

「上げすぎた株価を下げるためにプロレスするわ。もちろんめっちゃ空売りしてるんでお互いよろしくー。」

みたいな感じになっているのじゃないのかなーとか。

いやもう、これは知らんけど。

 

このあと、実は大丈夫でしたー的なニュースを出す前にマーケットメイカーががっつり買いで仕込んでおいて

「いろいろあったけど、正直スマンカッタ。」

ので全部マーケットメイカーの思い通りに持って行かれるんじゃないかと思ったり…。いやもう、こっちも知らんけど。