カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

リボ払いは本当に悪なのか?奨学金は学費リボ払いではないのか?

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180401175928j:plain

節約雑誌などを見ると、大体が「リボ払い絶対禁止!」とかかれています。

 

もちろん、無駄にブランドのバッグ買ったりとか、ブランドのスニーカーを買ったりとかしても、何も生まれて来ません。これはリボ払いか一括払いかいうのとは別問題で、それは単なる浪費です。

 

私にとっては、リボ払いは社会人の第一歩として必要だった

ちょっと私自身の話をさせてください。

自分は、地方の高卒でした。そうすると、仕事の内容なんてものは大体限られてくる上に全く賃金にならない世界でした。確か手取り12万円だとかそのくらいだったと思います。

最初の1年位は、お金を貯めて上京して何か仕事変えないといけないと思って我慢して働いていました。ですが、当然地方の誰でもできる仕事に昇給なんてものはなく、翌年になっても給料は1,000円しか変わりませんでした。

「こんな賃金でお金が貯まるわけがない!いくらやっても無理!」

と、金も無いくせに無理やり上京してきたわけです。

とにかく金がありませんでしたから、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジなんかはすべてリボ払いです。そして、毎月の支払い金額は3万円でしたので、複利のチカラが逆流してどんどんとリボ払いの残高が増えていきました。

ですが、上京してIT系のプログラマになったおかげで、収入は地方時代の2倍になり生活は少しずつ安定してきて、約1年ほどですべてのリボ払いを払い終えました。

田舎でお金がたまるまで待っていたら、安い賃金暮らしになれてしまい、未だに金融資産のないの田舎のオッサンでいたかもしれません。

つまり、自分自身の人的資本(稼ぐチカラ)に対してリボ払いというリスクを取って投資して、収入を上げたというわけですね。

今となってはたったの50万円と思えますが、当時はこれで失敗したらガチでホームレスになるんじゃなかくらいの恐怖がありました。奨学金を抱えている人はもっと大変ではないかと思います。

 

それでは、奨学金はリボ払いではないのかと思う

大学学費の高騰化により、奨学金問題がクローズアップされています。

奨学金を借りると、借金を背負って社会に出ることになります。そうすることにより、経済的な余裕のなさから、自分のなりたい職業につけなかったり、はたまたブラック企業に捕まって辞めることができなくなったり…。

 

ただ、奨学金自体が悪いわけはなくて、自分自身の人的資本(稼ぐチカラ)に対して投資をして、リボ払いの奨学金というをリスクを取った結果、成功すれば大企業に入って高賃金を得たりできるわけです。

うまく行かなかった場合、投資をした結果、人的資本が上がらなくて負債だけが残っただけです。昔と違って、大学を出たからといって確実に有利になる投資ではないということですよね。

 

お金を増やしたいのだったら高卒や職業訓練学校行って早くから投資したほう有利

もちろん、生きていく上で「**大学卒」とかいうだけでいろいろ有利です。

が、金銭的なことを考えると、

  • 借金を背負ったまま社会に出て、10年後の34歳くらいで完済
  • 18歳や20歳から社会に出て、早くから毎月投資に積立ている

のでは、40歳くらいのときにものすごい差になります。

  • 奨学金返して34歳から40歳まで毎月8万円積立て、年利7%で運用パターン:680万円
  • 高校出て18歳から40歳まで毎月5万円積立て、年利7%で運用パターン:2550万円

※大卒のほうが賃金が3万円高いと仮定します。

 

最近は、特にIT系については学歴よりも能力主義になってきており、高卒や職業訓練校もプログラマなんていうのも全然可能です。

 

もっとリスクを減らすのなら、地方の高卒公務員なんていうのもありです。(ただし賃金は大卒との差はあります。)

 

奨学金リスクを取って大学に進学し、高い収入を得られれば後半は有利ですが、そうでなければ、無駄に借金が残るだけになります。

 

リボ払いによる生活費の支払いも、奨学金というリボ払いを借りるのも、自分自身の人的資本(稼ぐチカラ)への投資です。

 

ご利用は計画的にどうぞ。