カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

始めたばかりのブログでも、MFクラウドなどの会計ソフトを導入しておこう。

こんにちは。カエデナ(@kaedena)です。

f:id:kaedena:20180406152959j:plain

新しくブログやアフィリエイトを始められた方もたくさんいらっしゃると思います。私もその中のひとりです。

ですが、これはお小遣い稼ぎ、ではなくて広告収入を目的とした事業なのです。

始めたばっかりの人は白色申告を準備しましょう

事業であるからには、所得があれば税金を収める必要がありますし、赤字であれば赤字であった、ということを提出することになります。

 

ちなみに、年間20万円以下の所得の場合には、税務署への所得税の申告は不要です。ですが、住民税は1円でも所得が発生した場合には、市区町村に申告しなければいけません

申告方法については、市区町村によってまちまちですので、直接問い合わせたほうがよいでしょう。ちなみに20万円を超えた場合には税務署に出すことによって自動的に住民税が市区町村に通知されますので、市区町村への申告は不要です。

 

多分、ブログを始めたばかりの方は、青色申告などの提出をしていないでしょうから(私もやっていません)、白色申告ベースで会計ソフトに入れていきます。

ここで、「所得」ということを上げたのですが、

所得=売上ー経費

です。事業の経費となりそうなものは、とりあえず上げておきます。

  • サーバー代(はてなPro代)
  • ドメイン代
  • 記事を書くために購入した書籍代
  • オフ会への参加代

なんでもいいです。

これで、売上が足りなくて赤字になったら、住民税が還付されるかもしれません。

この辺はグレーなのでなんともいえませんが、故意に経費を増やした脱税行為とみなされる場合がありますので、不自然な経費計上はやめましょうね。


ちなみに、青色申告のほうが税務上は得なのですが、あらかじめ、「青色事業専従者給与に関する届出書」を所轄税務署に提出する必要があります。

この場合、「個人事業主としてやっていきますよ。」という意思表示になります。

万が一、勤務先を会社都合で退職などになった場合には、「個人事業主」として事業を行っている、とみなされて雇用保険は出ないことに注意してください。

どれだけブログやアフィリエイトに本気でやるか、という意思表示でもありますね。

ということで、会計ソフトについて簡単に紹介しておきます。

私の場合は、MFクラウドという会計ソフトを利用しています。

biz.moneyforward.com

これは、過去に使っていたということと、他にマネーフォワードの有料プラン

を利用しているためです。

moneyforward.com

f:id:kaedena:20180406153043j:plain

本格的に会計ソフトで管理する場合には、次の設定をするのがベストです。

  • 事業専用の銀行口座
  • 事業決済専用のクレジットカード

これらをそろえてマネーフォワードに登録して、MFクラウドと連携させることで、事業で利用した経費や売上などを勝手に取り込んで仕訳帳に入れてくれます。

ちなみに、無料プランでは1ヶ月15件までしか対応出来ませんが、最初の頃はそれほど経費もかからないでしょうから、まずは無料で付けておくのが良いでしょう。

  

ただ、私もそうなのですが未だにまともな売り上げ立っていません。

専用のクレジットカードを作るようなレベルではないですから、売上と経費を手動で入力していきます。

f:id:kaedena:20180406150000p:plain

はてなProのサーバー代や、おなまえドットコムなど、完全に事業経費となりそうなものは経費として計上しておきます。

私もまだ事業専用の銀行口座も持っていませんから、経費はすべて個人の手出しですよね?となると、自動ではとりこめませんから、とりあえず

借方:(通信費とか新聞図書費とか交際費とか) 貸方:事業主借 

としておきます。詳しいことは簿記に詳しい方に聞いたほうが良いかと思いますが、とりあえずこれでOKです。

 

次に、売上の部分ですが、こちらは

借方:普通預金    貸方:売上高

として、一旦普通預金でもらったことにします。これと同時に

借方:事業主貸    借方:普通預金

として、事業主が全部もらったことにしてこれを相殺します。

 

あとは、これから購入するパソコンやタブレットを購入しても、経費化できる可能性があります。ただし、白色申告ベースでは経費にできるのは税込み10万円以下ですので、パソコンはちょっときびしいかもしれません。

 

ただ、携帯電話や携帯電話料金は、事業按分といって、何%は事業として使いましたよ、というのもできるので、もし本気で節税を考えたらこのあたりも準備しておくと良いでしょうね。

先のことはどうなるかわかりませんが、まずは準備だけでも

ということで、実際にこの申告書が必要になるかどうかは、12月末にならないとわかりません。それ以前にブログやめちゃってるかもしれませんし、逆にブログの売上が伸びまくってホントに確定申告書を税務署に出すことになるかもしれません。

 

そのときになってから慌てないで、いまのうちに経費に経費にできるものはできるだけ経費にあげて、税金対策をしておきたいと思います。

 

ちなみに、私は去年仮想通貨関係で確定申告書を出したのですが、経費0円で出したものですからガチで税金取られました。

今年はそれの反省も込めて、今のうちに付けておきます。

 

とりあえず、いまやっておくことは

  • 経費は付けておく
  • レシートまたは領収書は必ず取っておく 

ということだけでもはじめておいたらいかがでしょう。

年末になってから、レシートがない!どこで何か使ったはずなのに経費に上げられない!というのも避けたいですよね。

いまのうちから、いろいろ対策だけはしておきましょう。