カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

株式とか投資信託のリスク資産を背負ってて怖くはないの?

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180422190131j:plain

リアルな場でも、株式を持っていることはたまに話すことがあるのですが、かなりの率で返ってくるのがこれですね。

「株とか投資信託とか、損したり下がったりしたら怖くないの?」

投資信託や株式が下がるのはもちろん怖いです

それはもう怖いですよ。何年経験したって大幅な下落はいつも怖いです。

というより、どんどん下げが怖くなってきています。

 

株式を初めた初期のころは投資額も数十万円だったので、仮に下げてもまた貯金すればいいや。くらいな感じでした。

だから、初めるときのほうが気楽なんじゃないかなと思います。

むしろ、投資額が少なかった頃は早くお金を増やしたかったので、株式よりもむしろ日経先物とかばかりやっていましたけどね。それで何度もおけらになってましたから。 

今となっては、下げを貯金でカバーできなくなってきたのでもっと怖い

例えば20%の暴落が起きたとすると。

20万円分所有していた場合 → 損失額4万円

200万円分所有していた場合 → 損失額40万円

2000万円分所有していた場合 → 損失額400万円 

という感じになりますよね。

株式を積み上げて行くと、複利の効果により金額は雪だるま式に大きくなります。私もこれから20%下げたとしたら、貯金して補填しようっていうのはもう無理です。

ずっと株式(私の場合は投資信託ですが)と付き合うしかありません。

 

それはそうなのですが、やはりリアルなところで話すとリスクばかり強調して、お金を働かせてリターンを得るという考えにはあまりいたらないのかな、と思います。

 

その割には、宝くじに抵抗がないとかいうのが不思議なのですが。

全額損失する確率が89%くらいありますがそれはどうなんだ、と思うところでもありますけど。 

下げるのは怖いけれど、現金の価値が低下していくのはもっと怖い 

日本にいるとあまり実感しないですが、世界ではどんどんと現金の価値が下がっています。

つまり物価がどんどん上昇しているのですよね。そうすると、日本円の貯金は利息がほぼ0円ですから、世界経済レベルではどんどん価値が下がっていくことになります。

これは、世界経済が発展していく仕組み上避けることが出来ません。

そうすると、日本円の貯金は、何もしなければどんどん目減りしていくことになります。実は日本でも、少しずつ現金の価値が下がっていると思いませんか?

毎年「値上げの春」といわれていますが、2018年もこんな値上げがありました。

「小麦粉」「宅配便」「冷凍食品」「納豆」「電気料金」

これは、日本の物価が上昇したからというよりも、小麦粉の原料はアメリカからの輸入ですし、ガソリンの元となる原油も輸入です。納豆もアメリカやカナダから大豆を輸入しています。ですから、世界中がインフレになっている以上、日本は輸入に頼っていますから、当然日本でも値上げになる、というわけです。

 

一方、貯金はほとんど増えることはありません。

ですので、貯金しておいても実際の価値は相対的に下がっていきます。こちらは、下がるかもしれないじゃなくて確実に下がるわけなのでもっと怖いわけです。

 

まとめ

投資によって資金が目減りするリスクも怖いです。

ですが、資産形成のためにお金に働かせないと、確実に貯金の価値は下がります。

こちらのほうがもっと怖い訳ですね。

投資といっても、インデックス投資ならそれほど難しいものではありません。

自分の資産形成について考えてみてはいかがでしょう。

 

以下関連記事です。

 

www.kaedena.com

 オススメの投資信託についての話です。

 

www.kaedena.com

 株はやるものではく、自分の資産形成のためという話です。