カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

私は、iDeCoには今の所入る予定がない理由

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180426171440j:plain

さて、私はiDeCoに加入するのは(現時点では)否定的です。

それは、60歳より前にやりたいことがあるからです。

 

iDeCoそはそもそもどういうものなのか

個人型確定拠出年金「iDeCo」というのは、自分で作る年金です。

あくまでも年金であり、資産運用でもありますが老後にしか引き出すことが出来ません。

もはや、既存の年金制度は破綻状態になり、今働いているやつはDeCoなりで自分で運用して年金を作れよというわけですね。

それはおいといて、確定拠出年金というのはいわゆる、年金の3階建てです。

f:id:kaedena:20180426145228p:plain

(野村證券より)

自営業の方は、基本的には国民年金だけとなりますね。これが1階部分です。

掛け金も一定ですが、給付額も非常に小さいためこれだけで生活していくのはきびしいです。

公務員や会社員の場合には、これに厚生年金が加わります。これにより、基本的には公務員、会社員の方々は厚生年金というわけです。ここが2階部分です。

 

ここにいわゆる3階建て部分がのります。

ここが「iDeCo」になりまして、自分で運用先と運用額を決めて、60歳以降になったら受け取ることができる、自分で作る年金ですね。

iDeCoで運用するメリット

今では、つみたてNISAやNISAなどにより、資産運用に関しては税金面で優遇されています。というか、これを利用しないと老後は知らんからな!という政府の意思表示なのでしょう。

iDeCoの場合、これに加えてさらに毎月の積立分から税金を控除することがでます。

例えば、

  • 年収500万円
  • 毎月の掛け金が23,000円

とすると、年間税制メリットは55,200円になります。

たしかに、運用資金が1年間で276,000円に対して税金控除額が55,200円。

20%近くが税金で帰ってくることになります。

これが、iDeCoの圧倒的なメリットですよね。

 

それでも、私はIDeCoに加入しない理由

それは、あくまでもiDeCoは年金だからです。

原則60歳まで、運用したお金を引き出すことが出来ません。

これがiDeCoに加入しない理由の全てです。

あなたは、60歳になるまで現状の仕事、生活を維持することができると思いますか?

 

例えば今、共働きで会社員をやっていたとして、本当に同じような条件で60歳まで働けるのでしょうか。もしかすると、リストラによる転職や子会社転籍などで大幅に給料が減る可能性もあります。そうしたときに、ちょうど子供の教育費が必要になったとしても引き出すことは出来ません。

 

私は今は、1人働きで生活しています。

月23,000円はなんとか積み立てできます。でも、怪我や病気で入院したときに、別途お金が必要になるかもしれない…だけどiDeCoに入れちゃったから引き出せない。

ってことになると、また余計な保険とかに入らないといけなくなるかもしれません。

せっかく金融資産を貯めているのに、また余計なコストがかかってしまいます。

www.kaedena.com

 

f:id:kaedena:20180426162643j:plain

夫婦のうちどちらかが何らの理由で仕事を失ったとき、毎月の掛け金を維持できますかね?もちろんiDeCoは強制年金じゃないので掛け金を一時的に0円にしたり、5,000円まで減額したりすることは出来ますが、引き出すことは出来ません。

一時的に0円にするためには、引き落としの残高を意図的に不足させてしまうことで、その月は拠出しなかったことにできます。ただし、さかのぼって払うことは出来ません。また、その場合には未納手数料として64円(税込)がかかります。

 

あと最後のリスクですが、そもそも夫婦ではなくなる、ということが絶対にないとは言えません

f:id:kaedena:20180426163843j:plain

共働きが増えているということは、妻も夫も経済的に自立しているわけです。

 昔のように主婦はお金がないから、ただお金のためだけに一緒にいるというものはどんどん減ってくるのでしょう。 そもそも結婚制度っていうのは、経時的にオトクというのがありましたから。(配偶者特別控除ですとか、第3号被保険者とか)

 

そしてiDeCoは確定拠出年金ですので、あくまでも「年金」です。受け取れるのは本人限定ですので財産分割にはなりません。もちろん60歳以下での引き出しができないから、分割することもできません。

 

資金をロックしてしまうとセミリタイアも難しくなる

運用資金を引き出すことができなくなるため、例えば

「50歳でに8,000万円ほど運用して、後は配当金と適当な副業やってセミリタイアだ!あとは旅行行ったり適当に不定期に仕事して自由な人生を送るぜ!」

っていうような夢もなくなります。

最低限、60歳までは同じ条件で働き続けなければいけなくなります。

それでは、そんな夢もなくなりひたすら会社員を続けるしかありません。

老後の楽しみに、よりももうちょっと前に人生を楽しみたいものです。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 iDeCoは税制面では有利ですが、つみたてNISAなどによる資産運用自体は必要です。

オススメの負けない投資信託についてまとめました。

(絶対に損しないっていうわけじゃないですよ。)

 

www.kaedena.com

 老後の楽しみとしてずっと取っておくよりも体力があるうちに、いろいろと出かけてみたいですよね。

 

www.kaedena.com

金融資産5,000万円を超えた辺りからは、高配当の株式を使って配当金生活も視野に入ってきますね。