カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

老後破綻しないための家庭の資産運用は、難しくないほうが成功する

こんにちは!カエデナ(@kaedena)です。

f:id:kaedena:20180428215547p:plain

「資産運用しないと、老後に破綻するとか毎回言われているけれど。」

「投資とか怖いし、それに忙しくて時間があるわけがない。」

 …そうなんですよね。

 

私も、毎日仕事と家事に追われていて全く時間がありません。

ですが、そんな私でも3,000万円を超える純金融資産を築けています。

 

それはさておき。私が高収入だとかそういうものではありません。

そして、毎日投資戦略を練って考えるものではなく、機械的に投資していけば良いという経済の仕組みを使っているからです。 

(そもそも、私自身が高卒ですから高収入なわけがありませんって。)

企業の決算発表は気にしなくても良い

5月ということもあり、アメリカの株式では決算発表が相次いでいます。

それにより、企業の売上や利益が予想より下回ったから売りが相次いでいたり、その逆に最高売上と最高利益を更新したりして株価がすごく上がったりいろいろありました。

特に、FANGと呼ばれる(Facebook, Amazon, Netflix, Google) ハイテク銘柄に関しては最終的には利益が出まくり、株価もまた上昇していたりします。

 

でも、株式で資産運用するには個別の決算や株価なんか見る必要が全く無かったのです。私も、決算の状況に関しては今頃見ていて「ふーん、そうなんだ。」

という感じです。私も決算報告とかなーんにも見ていません。

 

資産運用に関しては考えないほうが楽

それは、個別の企業に対して投資すべきかどうかを判断する。ということは自分には出来ないと思っているからです。

当然投資のプロでも判断が難しいのに、金融機関でもないメーカー勤務の会社員である私ができるわけがないのです。

今から自分が、株式を売買できる数千社ある会社の中から、これから成長する企業を探せますか?ということです。

資産運用とは退屈なほうが楽です。自分でいろいろと考えるよりも、経済全体としては上昇していく仕組みですので、それに乗ったほうが気が楽ですよね。

 

インデックスファンドは負けない

私は、楽天全米インデックスファンドという投資信託を毎月買い付けて放置しています。ですが、2018/04時点でもそれなりに資産総額が増えています。

f:id:kaedena:20180428213210p:plain

2週間ぶりにチェックしたのですが、気がついたら少し増えていました。

ここ一週間くらいで円安に振れたため、でしょうかね。

過去の事例からも、個別に株式を売り買いしたとしてもインデックスファンドに勝てる確率はそれほど高くはありません。

media.rakuten-sec.net

 

楽天全米インデックスファンドも含めて、インデックス投資信託は、SBI証券楽天証券で購入することができます。ネット証券が最安値です。店頭に行くと手数料がとかあるので気をつけてください。

仕事をしていると投資に時間をかけていられないよ

毎日の生活で忙しい人にとって、日本株や米国株に張り付くことは難しいですよね。

それどころか、資産運用よりも、日常生活時間取られるものがいっぱいあります。

もちろん本業である仕事。

これが一番時間取られますし、収入のほとんどがこれになるでしょう。

次に時間を取られるのが特に買い物に代表される炊事、洗濯、掃除。

 

特に、毎日の夕飯の献立を考えて、さらに買い物にいって、調理して、片付けて。

こんなことやっていたら、いくら時間があっても足りません。

当然、その状態で投資なんかに時間使えるわけがないですよね。

そんな時間があったら、資産運用したお金で旅行に行ったり、家でのんびりと映画みたりとかするほうが有用な時間の使い方です。

一番良いのは、何もしなくても資産が増えていく、という状況を作れることです。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 楽天全米インデックスファンドも含めて、オススメの投資信託をまとめています。

 

 

www.kaedena.com

 株式は、ギャンブルではないよ、という話です。