カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

雨や台風で、頭痛を起こすそれって低気圧病?対処法はどうしているのか

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180321151110j:plain

 

「朝になると、ものすごい頭痛で起きられない。」

私自身はわりと乗り物酔いしやすい体質でして、気圧が上下するととんでもない頭痛で経ってられないことがあります。

いまでも、地下鉄に乗ると気持ち悪くなるのはそのせいです。

地下鉄というのは、駅と駅の間が坂道になっていて、電気代を節約するために発車時は重力の力を利用して加速、停止時は登り坂の力を使って減速します。

実は、この上下だけでも気持ち悪くなります…。そういう体質の方、いらっしゃいますよね?

 

特に、梅雨前線による長期間に渡る低気圧や、9月の後半にかけての長雨や台風の時期なんかは最悪です。

 

急な雨や、台風のときに頭痛とめまいが出る低気圧病

私の場合、いわゆる「頭痛持ち」ではないのですが、気圧が急に落ちるときにものすごい頭痛とめまいが出ることが多々あります。特に台風のときは最悪です。

「今日は雨でめまいと頭痛がする」

といっても、普通の人にはなかなかわかってもらえません。

 

これは、急激な気圧の変化に体がついていけずに、自律神経が不安定になるためだと思われます。もう一つは、気圧の変化により毛細血管が収縮することにより、頭痛が発生するということなのでしょう。

 

通常の仕事のときには、あまりにもひどいときには休ませてもらうこともありますが、梅雨のときや9月の長雨のときにはそうもいっていられませんよね。

 

とりあえず、通常の頭痛持ちの人と同じように頭痛薬は必ず常備するようにしています。

基本的には強力な頭痛薬を使います。

「寒暖差アレルギー」というものも発症します…。

寒暖差アレルギーも、低気圧と同じように急激な温度の変化に体がついていかずに、自律神経が乱れる症状です。私の場合は、頭痛と鼻づまりがメインの症状です。

 

急な雪が降ってきた日なんてものは「頭痛」「めまい」「さらに頭痛」「鼻詰まり」、とこれらが同時に来るため、もはや午前中なんて起きていられません。 

とにかく体力をつけよう。

低気圧病(気象病)も、寒暖差アレルギーも、基本的には筋肉量が少ない女性や高齢者に多いと言われています。そういえば、もっと体力があった20代のころには雨で頭痛がするとかほとんど感じませんでした。

30代の後半になってからガクッと体力が落ちて、だんだんと寒さに弱くなってきた気がします。寒暖差アレルギーも、何となく30代後半から来たような…。

ココ最近は特に、休日なんて読書かこうやってブログ書いているか、もしくは何かのチャートに張り付いているかで、まったく体動かしてないですからね。

老化は下半身からと言われてます。これからもっと年取るとヤバいことになるので気分転換にウォーキングでも良いから、体を動かす習慣つけよう。