カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

貯蓄額がゼロでも不安ではない?貯蓄はいくらあっても不安になるのか?

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180530182442j:plain

今、「貯蓄ゼロ世帯」というのが約3割を占めているというデータがあります。

dot.asahi.com

 

少し前なのですが、職場の先輩がスマートフォンを新しく買い換えるぜー。という話をしていまして。そのときに、こんな話をしていました。

 

私「どうせ買うなら、少しでもポイントつけるために量販店で一括で買いましょうよ。」

 

先輩「いや、そんなの分割に決まっているじゃない?というかそっちのほうがお得でしょ?」

 

私「む、金利0%でスマートフォンを買って、支払いを先送りする分をソーシャルレンディングで回そうってんですね。ポイントよりもいけそうですね。さすがです。」

 

先輩「何の話言ってるの?というかスマホ一括で買うお金なんてないし。」

 

私「?!」

 

ちょ、スマートフォンを一括で買うお金ないって、どういうこと…。どんな高くても13万円くらいだぜ…?

 

私「え?お金ないって貯蓄そんなにないんすか?」

 

先輩「家の金のことはよくわからないけど、30万くらいじゃない?」

 

私「?!(何を言っているのか分からない)」

 

マジか。

これがいわゆる貯蓄ゼロ世帯っていうやつなのですね。

 

まぁ、その人は家を建てて、車も2台買っているわけで。貯蓄ゼロっていうことは、これらはすべてローンっていうことなのでしょう。あとは多分民間の保険も、でしょうね。

 

住宅に関しては、金融機関が超低金利にて超長期で貸してくれるので、不動産の選び方によってはプラスできることもありますが。

 

けど、多分家を「建てている」ってことは、「家は投資である」なんて考えてはいないでしょう。

 

うーん。私のように投資脳になっている人からすると考えられないのですが、本人はまったく困っている様子はありません。

むしろ、私なんかよりもよっぽど楽しく暮らしていそうに見えます。もしかすると、お金についてあれこれ知らないほうが幸せに生きられるのかもしれないなと思いました。

 

そういう意味では「投資なんかおやめなさい」というのありなのかなぁと思いました。

 

ひたすら働いてローンを返し、やっとのことで手に入れるであろう退職金は、こういう人がターゲットです。

金融機関の方に、「毎月配当金が入りますから年金が大きく足しになりますよ」、とか言われて「毎月分配型投資信託」みたいなのを勧められて買ってしまいそうです…。

当然、投資なんて勧められるわけがないです。

 

 

f:id:kaedena:20180530182849j:plain

一方、私はというと、車は今の所必要なので所有していますが、普段の生活においてはものを持っていません。

 

腕時計は持っていないし、カバンも通勤で使う5,000円で買ったものと、休日にiPhoneとiPadを持ち歩くショルダーバッグ以外は持っていません。冬場の上着も10年くらい前に買った8,000円くらいのものをいまだに使っています。

 

基本的にスマートフォンとパソコンだけあれば生きていけますから。半年間も、米ともやしと豆乳だけで生き延びたこともありますし。

 

そして長年に渡って節約を重ね、入金投資を行った結果、リスク資産の値動きによって一か月分の給料が1日で吹っ飛んだり、また戻ったり。

お金のことばっかり考えて消耗しているのは、むしろ大量に投資に回している自分なのかもしれませんね。

 

なんだか、金融資産って1,000万円を超えたあたりから単なる数字にしか見えなくなってくるのです。ここから先は、お金があるという感覚ではなく、配当金で生活できるようになるには、全くお金が足りないという不安のほうが強くなります。

 

先輩のようにお金を自由に使って、楽しく生活するのも生き方としては良いし、私のように節約と投資で金融資産を増やす生き方もそれぞれですね。お金に対する考え方の違いなだけかも。

 

ただし金融資産というのは、強力な精神安定効果があります。

これは、「いざとなったら全部投げてセミリタイアじゃ!」というカードも切ることができますからね。貯蓄がなければどんな状況でも働かないといけなくなります。

いつか、配当金だけで暮らせるようにならないかなぁ。と思いつつ毎月節約しつつ株式を買い続けています。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 極貧生活を耐え抜き、強力な貯蓄体質を作ったときのお話です。

 

www.kaedena.com

 貯蓄体質にならない人は、試しに小遣い制を完全にやめてみたらどうか、というお話です。