カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

住信SBIネット銀行で定期預金0.2%キャンペーン開始。SBJ銀行はなんと0.4%も!

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180605182649j:plain

住信SBIネット銀行では、税引前0.2%の定期キャンペーンが始まりました。
「円定期預金特別金利キャンペーン」

www.netbk.co.jp


毎年、ボーナスの時期になると始まるものです。

ボーナス時のキャンペーンを活用しよう

とにかく日本人はボーナスを貯金したがるので、この時期は狙い目ですね。
ただし、SBIネット銀行においても、去年のキャンペーンは円定期が0.5%の金利がついていましたから、やはりマイナス金利が続いていることで高い金利をつけづらいのでしょう。


ただキャンペーン金利というのは、申し込んだあとの最初だけの特別金利であるということを忘れずに。
キャンペーン金利を受けたい場合、申込時に満期解約を選んで、次のキャンペーン金利のときに再度申し込むとオトクです。


多分、夏と冬のボーナス時期はキャンペーン金利があるでしょうから、ちょうど6ヶ月ごとに更新していくと良いタイミングです。

投資にまわしている方も、フルインベストメントという方は少ないでしょうから、何割かは円資産で持っていることでしょう。


住信SBIネット銀行もそうなのですが、生活防衛資金といえども、少しでも金利が高いところに持っておきたいです。


定期預金場合、万一のことがあり途中解約を行っても元本割れはしないので、とりあえず金利が高いところに置いておくというのも良いでしょう。

私の場合は、SBI証券との連携があるのでSBIネット銀行を利用しますが、とにかく金利第一!という方にはSBJ銀行という選択肢もあります。

SBJ銀行はこちらです。

www.sbjbank.co.jp


SBJ銀行では、新規の口座開設した方の場合、なんと0.4%もの金利が付きます。

「ためま初夏!特別金利キャンペーン実施中!」

 

SBJってSBIと紛らわしいし聞き慣れないなと思われるしれませんが、Shinhan Bank Japanの略で、韓国の銀行の日本法人です。
ATMもセブン銀行、イオン銀行、E-netなどコンビニエンスストアに設置されているATMが利用可能ですし、セブン銀行とイオン銀行では入出金が何度でも無料。
さらに、SBJダイレクトのネット振込では他行振込が月7回まで無料と、となかなか攻めた手数料だと思います。

 

メガバンクでは、金利は0.01%で横並びな上、振込手数料の無料化やATMの手数料にさまざまな条件があるので、ちょっとでも間違えてコンビニでおろしちゃったら216円の手数料が取られ、金利なんて一撃で吹き飛んでしまいます。


生活防衛資金といっても、少しでも金利が高く、手数料が安い銀行を選んだほうが良いですよね。

 

以下関連記事です。

 

www.kaedena.com

 ボーナスは、貯金だけではなく使うか増やすかもおすすめです。

 

 

www.kaedena.com

 株式から配当金をいただくというのもありですね。