カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

金持ちはどんどん金持ちになる。そのためにまずは100万円貯められる生活体質を作る

こんにちは。カエデナです。

 

f:id:kaedena:20180704174619j:plain

資本主義経済の世の中、お金持ちは勝手にどんどんお金持ちになっていきます。

お金を持っていない人たちは、一生お金のためにひたすら働き続けないといけません。これにより、貧富の差がどんどん広がっていってしまいます。 

私も10年前にやっとこれに気が付き、お金を運用にまわして増やすようにしています。

 

同じ100万円でも、持っている資産によって価値が違いすぎる

例えば、貯蓄ゼロの世帯においては100万円というのはとてつもない大金であり、普通に手に入れることは難しいと考えるでしょう。

 

5,000万円持っている世帯においては、5,000万円を8%で運用することで、毎年勝手に400万円ずつ増えていきます。この400万円を使わずに次に投資することにより、翌年は5,400万円の8%、5,832万円にもなります。

この8%というのは、過去に20年間のS&P500という米国株価指数の平均値です。

2000年のITバブル、2008年のリーマンショックがあっても、20年間で平均すると、8%前後のリターンがあったわけです。

もし、5,000万円を20年間、リターン8%で運用したらいくらになるでしょうか。

…なんと約2.3億円です。

 

これでは、お金を持っている世帯はどんどん勝手にお金持ちになっていき、貯蓄ゼロの世帯は、いくら働いても全部使ってしまい、いつまで経ってもお金が増えていかないわけですね。

 

資本主義経済は札束で殴り合うゲーム。参加するためにお金が必要

一人暮らしでも、お金を貯められる体質にすればお金は貯めて、増やすことがことが出来ます。そのためにまずは100万円、貯める体質を作ってみましょう。

 

私の場合、最初にお金を貯めようとして失敗したと思うのが家賃ですね。家って賃貸であっても一度住むと引越し費用だけでお金がかかってしまいます。ですので、最初に決める住居の固定費は非常に重要です。住む場所によって生活コストが変わります。

東京都で言ったら、港区のお金持ちが集まる街に住むのと、激安スーパーが乱立している江戸川区では、普通に生活しているだけでもコストがかなりかわります。

 

次に食費です。食事に関しては、あまりバリエーションにこだわらないことです。

毎日違った献立で、栄養バランスが取れていてみたいなところにこだわると調理に疲れてしまいますし、一人暮らしなどであれば余計に料理の手間がかかります。

 

お金を貯める体質はテクニックよりもメンタル

「お金を貯める方法」というと、

  • エアコンのコンセントを抜く
  • コンビニに寄らない
  • コスメやエステにお金を使わない

など、いろいろなテクニックはありますが、一番重要なのはメンタルです。

「一生働かされて老後破綻なんて絶対イヤだ!絶対にお金持ち側になってやる!」

という強い意志がもっとも強力な方法です。

コンビニにふらっと入る前や、洋服を買う前に、必ず思い出してみましょう。

そうすれば、自然とお金を使わないことが習慣化して、お金を貯められる体質に変わってきます。

 

まとめ

お金は一度貯まると、運用することでどんどんお金は増えていくようになります。

先に書いたような、5,000万円の世帯でなくても。

もし1,000万円の金融資産までたどり着き、そのときに8%で運用することができれば勝手に1年間で80万円たまります。そうしたら、これの繰り返しによってどんどんお金持ち側になっていけるでしょう。

 

金融資産の構築は一番最初がもっとも苦しいですが、いつかお金がお金を生むようになってくるでしょう。テクニックは貯金の本で学べますので。

 

以下、関連記事です。 

www.kaedena.com

 私が実際にやっていた、無茶な節約方法です。

 

 

www.kaedena.com

 節約のために、家電に投資するのも全然ありです。

 

www.kaedena.com

 お金はもはや趣味になっています。