カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を買ってみました!

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180714175155j:plain

さて、7月から新しく投資信託 eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) (以下eMAXIS Slim S&P500)が購入できるようになりました。

 

私も、早速買い付けしてきましたよ。

f:id:kaedena:20180714171123p:plain

eMAXIS Slim S&P500ってなに?

f:id:kaedena:20180722131145j:plain

eMAXIS Slim S&P500は、米国株式の指数「S&P500」に連動するように運用されます。S&P500は、日本株でいうところの日経平均225のように上場している株式のうち上位の500社を投資先としています。

 

また、時価総額の加重平均を取ったものになりますので、構成銘柄とその割合はその時の企業の時価によって変化します。

 

あの、投資の神様であるウォーレンバフェット氏が、自分の死後に備えて、妻に

「資金の90%をS&P500に投資せよ」

とも言っております。そのため、S&P 500に対して投資していくのは投資の最適解の一つであると考えられますね。

 

そういう意味では、eMAXIS Slim S&P 500をつみたてNISAなどで積み立てていくのは正しい選択ではないか、と思います。

 

ちなみに、S&P 500に連動する投資信託は従来からiFree S&P500というのがあります。ですが、投資信託手数料が若干高くeMAXIS Slim S&P500が出るまでは、米国株のインデックス投資といえば、楽天全米インデックスファンドが第一選択肢でした。

 

それじゃあ、楽天全米インデックスファンドとどっちがいいの?

 eMAXIS Slim S&P500と比較するとしたら、もちろん楽天全米インデックスファンドでしょう。比較してみます。

投資信託 Slim S&P500 楽天全米
投資先 S&P500 CRSP US Total
投資信託手数料 0.173% 0.170%
運用 株式 ETF(VTI)

こうやってみてみると、ほとんど変わらないことがわかります。

 

ただし、投資先と信託手数料を考えると若干楽天全米インデックスファンドのほうが有利かな、とは思います。

f:id:kaedena:20180714173814p:plain

青:S&P500(eMAXIS Slim)  紫:VTI (楽天全米)

楽天全米インデックスファンドを持っている方や、毎月積み立てている方は、今のところ乗り換える必要性はほとんどどないと言ってよいでしょう。

 

eMAXIS Slim S&P500はありなのか?

冒頭にお話したとおり、投資対象先が S&P500であることは投資の最適解の一つです。

もし、これからつみたてNISAなどで積立ていくのでしたら、当然あり、と言えます。

ただし、現時点においては、楽天全米インデックスファンドを超えるほどの魅力があるかというと、そうでもないなと思っています。

これが、一気に手数料0.120%くらいまで下がるとしたら当然eMAXIS Slim S&P 500が購入先としては良いですね。

 

おすすめは今回購入した米国株式ですが、債券とのバランスを取りたい方にはいろいろなものを混ぜて、先にアセットアロケーションを決めてから購入していっても良いですね。

 

以下、関連記事です。

 

 

www.kaedena.com

 楽天全米インデックスファンドを買った話です。

 

www.kaedena.com

 グロース株(値上がりを期待する株)を買ってみたいというかたは、ひふみプラスもオススメ。ただし、あくまでもグロース株ですのでリターンが大きい反面、リスクも高いということはお忘れなく。