カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

自動設定のエアコンをつけっぱなしでも節約になるのか?

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180719205022j:plain

猛暑がすごいことになっていまして、家の中でも熱中症になってしまいそうです。そんな中でも、夏にもっとも電気代が高騰するのはエアコンではないでしょうか。

電気のプロである、電気主任技術者の資格を持つ私がオススメするのは、エアコンつけっぱなしの節約術です!免状紛失したばっかりだけどね!

 

www.kaedena.com

 

高気密住宅なら、もうエアコンはつけたままのほうがいい!

最近の高気密住宅で、断熱がある一戸建て。新しい一戸建てはすごいです。

あとは比較的新しいマンションですね。

こういった建物の場合、エアコンを一度オフにしてしまうと、外気の高熱によって温まったコンクリートや外壁に熱がたまってしまいます。

 

昼間の最高気温から、夜になってもこのたまった熱は少しずつ空気に放熱されてきます。エアコンを一度切ると、この熱が例えばベッドのマットレス、木製の家具などに熱が蓄積されていたものが放出されてきてしまいます。

 

エアコンはスタートダッシュが消費電力ピーク

エアコンは、いわゆる定値制御によって電力を制御しています。

ですので、コンクリートや外壁の影響で一度高温になってしまった室内を下げるよりも、常に一定の温度を保っていたほうが電力を消費しないような構造になっているのですね。

 

ですので、エアコンをこまめにつけたり消したりするのは余計な電気代を消耗することになります。

 

ちょっとした外出、例えば1時間の買い物とかであればつけっぱなしのほうが電気代としては節約になります。

こまめに消すよりも、猛暑の時期は割り切ってつけっぱなしというのもありかとおもいます。

 

エアコンは自動運転が一番良いのだ!

「エアコンの自動運転じゃ暑いかもしれないし、節電にならないかもしれないじゃないか?!」

 

そんなことはありません。電気メーカーの技術者の方は、消費電力を下げるために最適な温度を計算して、その温度を保つために最適な電力制御をしています。

エアコンの節電は、メーカーの技術者と二人三脚です。独自のエアコンの設定を変えて節約する方法よりも、いわゆるメーカーが推奨する自動運転にまかせてあげてください。

メーカーの技術の方は実際のデータに基づいた結果により、自動運転の制御を考えています。

 

空調機の節約のまとめ

長期間の外出じゃなければ、エアコンはつけっぱなしがオススメです。これは一度温まったものを冷やすのには当然電力が必要だからです。

電気代節約のために無理に、28度や29度などに設定するよりも自動運転をオススメします。メーカーの技術者の設定を信じてくださいませ。