カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

Macbook Pro 15インチ 2018に入れ替えました。コイル鳴きと発熱は大丈夫だったのか?

こんにちは。カエデナです。

f:id:kaedena:20180731211235j:plain

前にMatebook X Proを購入したのですが、あまりにもコイルのノイズがひどすぎるので、Macbook Pro 15インチ 2018に移動してみることを決意しました。

 

ちなみに、購入したMacbook Pro 15はこれです。

プロセッサ:2.6GHz 6コア

ストレージ:512GB

メモリ:16GB

グラフィクス:Radeon Pro 560X

山盛りの標準仕様っていうやつですね。

13インチと15インチ、およびiMacで悩んだのですが…。

  • 年に何回は持ち歩くこともあるし、iMacの置き場所が足りない
  • 13インチは持ち歩きは良いけど、年数回しか持ち歩かない
  • なにしろお店でみたら15インチの広さめっちゃきれいだった!

という感じですね。

 

 ちなみに私は今までmacOSはまったく触ったことがなく、15年以上前にインターネットプロバイダでUnix系サーバの保守をやっていたくらいの人です。

もちろん、Touch Barが使いづらいというのは事前情報としていろいろと聞いていたので、15インチはTouch Barしかないので少し怖かったです。

 

もっともMatebookで困った、コイルのノイズはどうなの?

正直なところ、全く無い、とは言えません。

CPUの負荷が増えると、耳を近づけると若干音がなっているかな?

という感じです。Matebook X Proのようにあきらかな高周波ノイズではないので、使っていても気になるものではありません。

今回もしかしたら失敗したかな、と思ったのはCPUが高性能なモデルにしてしまったことですね。

たとえば15インチのモデルなら、安い方のモデルを選んでストレージが必要であれば512GBや1TBなどに増量すればよいのかな、と思いました。

そもそも私はストレージすら必要としていなかった、ということに気が付きました…。

 

高性能なCPUによる発熱は?

正直いうと、発熱はそれなりにあります。

ただし、Matebookのような手のひらに汗を掻くような強烈な発熱ではなく長時間CPUに負荷がかかるとキーボードの上側が熱くなってきてキツイかな、という感じです。

これは15インチという大きさからか、本体からの放熱もあるので普段ブログや買い物、ブラウジングにおいては全く問題ありません。

ただ、私があまりCPUに負荷がかかる作業をしていないからかもしれませんが…。

(Macbook Pro 15を選ぶ方はやはりCPUパワーを求められる方が多いかと思いますけれど。)

 

スピーカーがすごかった

実は、こことは全く気にしていなかったのですが。

Macbook Proってスピーカーもすごいんですね。Appleはあまりスピーカーに関してはアピールしていないもんだから、気にしていませんでしたが。

過去のすべてのノートパソコンをさかのぼっても最高のスピーカーです。

そういえば、iPhone Xや iPadもスピーカーにはこだわりがあったような気がします。

これは手放しで最高と言わせてください。

 

Macにしてよかった?

今回、無理やり買い替えたことで初めてmacOSを使ってみました。

仕事では10年以上Windowsか、Unixだったので感覚的には不思議ですね。

懸念されていたタッチバーに関しては、もともとファンクションキーを使っていなかったのか、全く不具合を感じませんでした。

 

なぜかターミナルだけは非常に馴染みがある一方、GUIとしてはWindowsのドライブレターがなくなっていてどうしよう、みたいなところもあります。

 

最近は、オペレーションがOSよりもブラウザに依存していたりするので、使い勝手はほとんど変わっていないように思います。

良かったか、というとうーんどっちでもという感じです。ただ、もうWindowsのショートカットキーなどに体が慣れているからまたmacOSに慣れていないだけかもしれませんん。

 

OSは慣れていないのですが、ハードウェアとしてはAppleはOSとともにハードも作ってきた作ってきた企業です。コイル鳴き、発熱などはとても考えられているなと感じました。購入するにあたって、とても安心ではあります。

 

Matebook X Proの記事はこちら。

 

www.kaedena.com