カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

楽天インデックスバランスファンドはバランス型投信の最適解か?

こんにちは。カエデナです。

 

f:id:kaedena:20180804145753j:plain

楽天投信から、株式と債券がミックスされたバランスファンド、

「楽天インデックスバランスファンド」

が買えるようになりました。この商品の対象はどのような方でしょうか?

「株式に投資していくのは、リスクがあって怖いので、ほったらかしで積み立てたいよ」、というな方にオススメです。

 

どのような投資対象がミックスされているのか?

この投資信託は中身が非常にシンプルにできています。

株式部分:バンガードトータルワールドストック(VTまたは楽天全世界株式に相当します)

債券部分:バンガードグローバルボンドインデックス(投資適格とされる債券)

 

この株式:債券の部分が3種類に分けて発売されています。

 

  株式:債券 投資信託料
株式重視型 70:30 0.2446%
均等型 50:50 0.2546%
債券重視型 30:70 0.2546%

 

これは、人によって取れるリスク範囲というものが違うので、どれがオススメか、ということは決められません。

もちろん、株価が上昇局面においては株式のほうがリターンは大きいです。

でも、例えばリタイアが違い場合ですとか、そもそも大きなリスクを取りたくないという方も多いと思います。

最初に買い付けてみるとしたら、株式の割合が少ないほうが心理的な負担は少ないかと思います。債券であっても、貯金よりは数百倍のリターンが得られますからね。

楽天投信のページによると、株式重視型と均等型に人気が集中しているようです。

f:id:kaedena:20180804151113p:plain

 

楽天インデックスバランスファンドは投資の最適解となりえるか?

f:id:kaedena:20180804145812p:plain

リスクを取って株式100%にすれば、リターンが大きい分、株価下落時にはまともに下落を食らってしまいます。リーマンショック時には株式は60%も下落しました。

f:id:kaedena:20180804150046p:plain

上のグラフが、インデックスファンドの株式部分のチャートです。

全体的に右肩上がりですが、2009年と2016年には大きく下落していることがわかります。

でも、この下落時に債券の部分があれば株価の下落時も債券部分が支えになってくれます。

毎月、決まった金額を積み立てていく。いわゆる「ほったらかし投資」としては最適なものではないかと思います。

投資信託料金も、バランスファンドの中では圧倒的に安くなっていますからね。

 

もちろん、リスクを取って集中的に投資していきたいという方は、米国集中投資である、「楽天全米インデックスファンド」をオススメいたします。

 

www.kaedena.com

 

いずれにしても、楽天バンガードシリーズは、どれも外れがなく良い投資信託ですよね。セゾン投信もバンガードのバランスファンドを出しているのですが、なんと言っても投資信託料金が高すぎるのです。

www.kaedena.com

ほったらかし投資としての バランスファンドとしては、良かったのですが、手数料が2倍以上楽天インデックスバランスファンドが安いです。

今となっては商品の魅力はうすくなってしまいましたね。

 

まとめ

楽天インデックスバランスファンドは、投資に対するリスクを抑えられるので、初めて投資してみるという方にはオススメ。

ネット証券なら100円から購入できます。

積み立てる前に、少額から買ってみて、値段が上下するのに慣れてみるのも良いでしょうね。

リターンを増やしたい場合には、もう少しリスクの高い、楽天全世界インデックスファンド、楽天全米インデックスファンドなどの株式100%が良いでしょう。

 

以下関連記事です。

 

www.kaedena.com

 運用している以上、当然ながら価格は変動します。

自分はどこまでのリスクが許容できるか、というお話です。

 

www.kaedena.com

 金融機関で勧められる投資信託は、基本的に銀行が儲かる商品です。

気をつけてください。