カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

楽天プレミアムカードを一般カードに変更しました。ポイント投資専用カードです。

こんにちはカエデナです。

f:id:kaedena:20181028151749j:plain

さて、先日楽天プレミアムカードで決済拒否されたので、年会費10,800円も払うメインカードでは使えないよ、という話をしました。

 

www.kaedena.com

 ただし、これには「年会費10,800円も払っているのに!」というのが付きます。

無料カードだったら、「所詮無料カード。じゃぁ別のカード使うからいいや。」となるだけなので。

とはいっても、今後使わないのに10,800円の年会費を請求されたのではお金の無駄なので、まずは退会の電話をすることにしました。

 

ゴールドカードやプレミアムカードは解約時に一般カードへの引き止めがある?

早速、楽天のコールセンターに電話してみました。

解約はオペレータでの対応らしいので、オペレータにつながるようにプッシュボタンを操作します。

 

私「カードの解約をしたいです。」

と告げたところ、

オペレータ「プレミアムカードのお客様ですね。この場合カードの解約の他に、シルバーの一般カードへの切り替えはいかがでしょうか?」

というお話でした。

なるほど。無料カードなら楽天証券にしか使わなくても別に困らないし…。

私「それでは、年会費無料のカードへの切り替えでお願いします。」

やっぱり、年会費がかかるから退会するというユーザが多いのでしょうか。

年会費無料というのは、ある意味安心感がありますからね。(何回以上利用で無料、ではなく)持っていても損はないから持っておけよ、みたいな。

 

たしかに、年会費がかからなければ、単なる楽天ポイントカードとしても残りますし、楽天市場や楽天ブックスで買い物をすればポイントが貯まります。

f:id:kaedena:20181027165025p:plain

 まぁなんというか、うまく巻き込まれた感じはありましたが…。

楽天市場でAmazonカード使っても、どうやったって1%しかたまりませんからね。

 

あまりカードの数を増やしまくっても管理が難しいのですが、今はマネーフォワードで複数のカードや引き落とし日はすべて管理しているので、メインカード1枚にすべてを集約しなくてもわかります。

 

ということで、楽天カードは、楽天市場および楽天ブックス、あと楽天証券の専用カードとしてとっておくことにしました。楽天市場では、そんなに買い物することがないので楽天証券専用カードになりそう。

あくまでも、楽天市場専用カードとして考えたら、楽天カードは、コストパフォーマンスは最高だといえますよね。

 

もちろん、楽天証券のポイント投資については、明らかに赤字っぽい施策のためいつ改変されるかわかりません。

こちらは、しばらく見守ることにします。

 

カードの種類は、適材適所で使いましょう

楽天市場では、明らかに楽天カードが優遇されるようになっていますので、いったら楽天カードを使わなければ損です。これは、楽天証券も同様ですよね。

 

とはいっても、メインの通販は圧倒的にAmazonですので、私の場合はAmazonマスターカードをメインカードに据えておくのが一番お得でしょうね。

 

一方、楽天グループの楽天西友ネットスーパーでは、どちらのカードでも所詮1%ですのでスーパーポイントアッププログラムの恩恵は受けられないようです。

こちらは、常時3%オフのウォルマートカードがもっとも有力でしょうね。

 

www.kaedena.com

 

まとめ

 楽天カードは、一度決済ミスっているのでメインカードには据えられませんが、楽天証券のポイント専用および楽天ポイントカード専用と考えれば、意外と良いかもしれません。

ですので、私の場合カードは次のようになりました。

  1. Amazonマスターゴールド(Amazon、光熱費、食費そのたもろもろ)
  2. ウォルマートカード(楽天西友ネットスーパーおよび西友専用カード。常時3%オフ。)
  3. セブンカード・プラス(8のつく日専用カードw。8のつく日に5%オフ。)
  4. 楽天カード(楽天関係のみ適用。基本持ち出さない。)
  5. ファミマTカード(Tカードのみ)
  6. 三井ショッピングパークカード(持ってるだけカード)

ちょっとカードの数多いかな、とは思います。

ほんとに、クレジットカードの場合持っているだけで優遇的なものがおおいので、なかなか解約に踏み切れないんですよね。まぁ年会費無料なので良いとしましょうか…。

 

メインカード以外は普段持ち歩かないのと、年会費がかからないものばかりですのでそれほど負担にはならないかと思います。

カードの選択と利用は、オトクに利用しましょう。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 Amazonメインなら、Amazon一択です。翌日配送のプライムは無双です。

 

 

www.kaedena.com

 とりあえず、ポイントだけでも設定してみますね。