カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

楽天銀行のマネーブリッジがいろいろと最強になってる

こんにちはカエデナです。

f:id:kaedena:20181103183322j:plain

 

現在、SBI証券から楽天証券に引っ越しをしています。

それに伴い、付随する銀行も住信SBIネット銀行から、楽天銀行へと引っ越し中です。

そんな中で、今更ながら楽天銀行のマネーブリッジがとてつもない便利さがあることに気が付きました。

 

www.kaedena.com

 

大きく2つですね。

楽天銀行マネーブリッジは楽天証券の約定と同時に資金が動くみたい

一旦楽天銀行にて、マネーブリッジを設定すると、楽天証券と楽天銀行間で自動的にお金が動きます。楽天銀行の説明図が一番わかりやすいかもです。

f:id:kaedena:20181103180333p:plain

(楽天銀行のマネーブリッジより)

 

マネーブリッジを試すために、楽天証券で100万円分の投資信託(eMAXIS Slim 米国株式)を買いました。

このときには、楽天銀行の残高は300万円でしたが、注文と同時に

  • 楽天銀行:預金200万円
  • 楽天証券:預り金100万円

と変化しました。

これは、SBI証券のハイブリッド口座でも実質的には同じなのですが、SBI証券の場合、一旦ハイブリッド口座に振替しないといけないのとと、注文と同時には資金が変化しません。

約定後にSBIハイブリッド口座がマイナスになり、あとで投資信託の残高が増えて精算されるような形になります。

楽天銀行のマネーブリッジの場合、見た目的にも注文と同時に資金が移動しているので、お金が途中で抜けている感覚がありません。

リアルタイムでお金の動きがわかるので、これは使っていて非常に安心ですね。

f:id:kaedena:20180728161514j:plain

とりあえず楽天銀行にプールしておけば金利が0.1%付く

こちらも、非常に強力なツールです。

お金を証券会社においておけば、MRFと呼ばれるいわゆる普通預金の証券会社バージョンみたいなもので運用されます。証券会社でプールしておくお金ですからいつでも入出金可能なので、金利はむちゃくちゃやすいです。

一番メジャーな野村MRFですと、0.016%となっています。(2018/11)

それでも、一般的な銀行の普通預金の金利である0.001%(2018/11)に比べれば16倍も高いんですけどね。

これが、楽天銀行の場合は楽天マネーブリッジにより金利が0.1%にまであがります。

MRFにくらべても金利は圧倒的に高いので、証券会社にお金を振り込んだりする手間もなく高金利が得られます。

この金利は、個人向け国債よりも高い金利な上、いつでも入出金可能ですからね。

万一、金融機関が破綻した場合1,000万円を超える預金が保護されない、ペイオフ問題を除けばかなり有利でしょう。

ただ、定期預金のキャンペーン金利は住信SBIネット銀行などが強いので、日本円での貯金(預金)だけを考えている方は、もっとも金利の高いキャンペーン金利を探すと良いでしょう。特にボーナスの時期にやっていますのでチェックしてみましょう。

定期預金の金利だけならSBJ銀行が強いかな?

www.sbjbank.co.jp

 

いまのところ、全日本円資金を楽天マネーブリッジでもいいかと思っています

ペイオフ問題はあるにしても、

  • 普通預金なので、いつでも入出金可能
  • 株式や投資信託がいつでも買える&売ればマネーブリッジにすぐに資金が戻る
  • 金利が個人向け国債よりも高い

というメリットがあるので、すべての日本円資金を楽天マネーブリッジに入れてもいいかと思っています。もちろん、一部の管理費や家賃などのいわゆる「都市銀行からしか引き落としできない」ものに関しては致し方ありません。

この部分は、毎月変化するものありません。ですので、楽天銀行の家賃や管理費などが引き落とされる数日前に自動振り込みサービスでも入れておけば、ほとんどの円資産において、高金利が使えるのではないかと思っています。

 

クレジットカードも楽天カードと楽天銀行からの引き落とし、さらに給与振り込みも楽天銀行にしてしまえばすべて解決!

といいたいところなのですが、個人的には、楽天カード全部の決済をしようとまではまだ考えていません。一度楽天カードが突然使えなくなっているので…。

とはいっても、究極的にはすべて楽天エコシステムで回るようにしてしまえば金利もポイントもどんどん貯まるってことですね。

 

www.kaedena.com

 

まとめ

楽天銀行のマネーブリッジ、今まで全く使っていませんでしたが異常に便利でした。

金利も0.1%と他の銀行よりも圧倒的に高く設定されているので、証券会社のMRFすら使う必要がないレベルです。

米国株式を買いたい方の場合は両替手数料の関係もあり、SBI証券&住信SBIネット銀行のほうが圧倒的に有利です。

ですが、投資信託でじっくり貯めたい人は楽天ポイントや楽天カードでの購入もできるので、楽天銀行&楽天証券のマネーブリッジがもっともオトクでしょうね。

私も、今散らばっている資金を楽天銀行に集めているところですよ。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 楽天ポイント投資だけでも、楽天カードを使っていても良いかもですね。

 

 

www.kaedena.com

 投資信託がポイントで貯まる、という話です。

ただ楽天カードは、まだ注意が必要かなーとは思っています。