カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

35年の住宅ローンは本当に負け組なのか?ローンがあっても資産は増やせる

こんにちはカエデナです。

f:id:kaedena:20181124215019j:plain

最近、「マネーリテラシー」ということをよく聞きますね。

マネーリテラシーがない人は、35年もの住宅ローンを抱えてしまうことでその後の人生に対して束縛されてしまう。だから、買ったやつは負け組…。

という声がまた増えてきました。

 

住宅ローンみたいな超長期、1%以下で借りられるものなんかないぞ?

とはいっても、住宅ローンを組んで家を担保に出してお金を借りる人。これは銀行からお金を借りているだけですよね。

でもお金を借りるというのは、いたってフツーのことです。お金は、信用から発生するものだから。

じゃあ一方で、賃貸派の人はどうなの?っていうと。

URみたいな国家レベルのバケモノ大家は別として。

大家に相当する不動産を持っている人も、現金を持っていないのならお金を銀行から借りて(もちろん住宅ローンよりも高い金利ですよ?)、そのお金と家賃との差額を利益としているわけです。

 

そういう意味では、リスクを大家に負わせるか、自分で負うかの差でもってどっちも大差ないのです。もし、安定的に住めるのだったら住宅ローンのほうが良いのでは?と思うわけです。

 

思い出と経験だけは、お金では変えることができない。

思い出はプライスレス。もし、あなたに子供がいるとしたらどうしましょうか?

f:id:kaedena:20181124214801j:plain

リスクオフなら、賃貸のほうがオトクだし合理的です。

固定費を下げれば資産は増えます。でも、リビングが広かったり、もしかすると庭があったり、子供部屋が用意出来たり。

そういったものは、合理的なものだけでは変えられませんよね。

だから、「賃貸で貯めて、老後に小さな戸建てを買えればいい」という考えにはそれなりに反対です。もちろん、仕事の都合で頻繁な転居をしなければいけないとなるとそれは別ですが…。

だって、30代で子供が小さいころにできることと、60代でできることではまったく違うからです。人生と体力は無限じゃありませんから。

私も40歳を超えてものすごく体力が落ちてきたことを実感しています。

30代、40代を賃貸で耐えて60代で華咲く、てホントなの?と思いますよ?

 

それであれば、住宅ローンよりも高いリターンが目指せる部分と組み合わせて行ったほうが良いと思います。

f:id:kaedena:20180810183021p:plain

上の図で見ると、毎月10万円積み立てていったら、投資に回すのと貯金に回すのとの差がわかると思います。

繰り上げ返済に必死になるより、現金をもちつつ投資に向かえばもっと効率的に住宅ローンなんて終わらせられると思いますよ。

 

とはいっても、不動産価値というのは非常に重要

じゃぁそれで、駅からバスで30分くらいかかるような土地に、3,000万円の注文住宅を建てたら良いか。というとそれはそれで別問題でして。

住宅は、所有するにしても、賃貸にしてもどちらも消耗品です。広いリビングさえあれば良いか、というとそれは難しいです。

一つは、東京などの都市部であれば駅チカのマンションっていうのもアリだと思っています。

私自身も、駅から近いマンションに住んでいます。

住宅ローンもあるのですが、購入時価格よりも資産価値は数百万円上回っています。

返済額もそれなりにありますが、賃貸に住んでいたときよりも圧倒的に快適に住めています。これは、購入時期を狙っていた、というのもあります。

それはさておき、住宅においては広さとか資産価値とかの天秤にとってどこに落とすか、というのも考えどころでしょう。

 

まとめ

家は、所有しても賃貸にしても不可欠なものです。

賃貸が良いというのはよくわかりますし、リスクオフとしては当然でしょう。

でも、もし家族で暮らす家となると、時間は有限です。

家は、金銭的に最適に決められるものじゃありません。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 賃貸か所有か、というのは家庭によって全く違います。

話し合って決めましょうー。