カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

つみたてNISAが含み損でも、今やめたらもったいないよ!

こんにちはカエデナです。

f:id:kaedena:20181210203005j:plain

2018年からはじまった、「つみたてNISA」という制度。

毎月、厳選された投資信託を買い付けることにより、節税のメリットが受けられる制度ですね。

しかも、つみたてNISAで購入できる投資信託は、どれを買ってもそれなりに負けないようなラインナップが揃っています。

やっぱり人気があるのは、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」あたりでしょうか。私も2017年まではニッセイ外国株式だったのでよくわかります。

信託手数料も安くて、いわゆる負けにくいインデックスファンドですよね。

 

2018年から始めた人のほとんどは含み損では?

2018年から始めた場合、つみたてNISAにしても、普通に積立投資にしても多分含み損の人がほとんどではないかと思います。

つみたてNISAの場合は、一年間で40万円までしか買えませんから、この範囲で買っていたとしても10%下落していれば4万円の含み損です。

ちなみに、2018年はというと…。

一番よかった米国株式

f:id:kaedena:20181210200259p:plain

年始の状態にもどってしまいました。相場が荒れていて危ない状態ですね。

 

日本株も健闘しましたがこの通り

f:id:kaedena:20181210200321p:plain

米国株式まではいかないまでも、年始からみると15%ほどの下落と言えるでしょう。

 

新興国クラスタに至っては…。

f:id:kaedena:20181210200347p:plain

年始から一方的に下がっていて含み損ばかりかも。

 

いま積立投資を止めたらもったいない!継続こそ資産形成になる

そうはいっても。評価額がマイナスになっているのを見ていると、もう止めたくなってしまいますよね。でも、つみたてNISAは最長20年ありますから、1年間だけの成績を見ても仕方がありません。

私も、投資するならまずはこれ!とおすすめしている書籍「お金は寝かせて増やしなさい」

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

 

 においても、著者のリアルな積立投資が見られます。

積立投資を始めてから、しばらくしてリーマンショックが来て含み損は数年に渡って続いたのこと。しかもあのリーマンショックです。10%どころではなく、50%近くまでもあったのことです。

 

ちなみに私も2010年から積立投資をしていますが、2011年には大災害があったので、その後の2年くらいは含み損が続きました。ですが、2018年現在にいたっては投資元本から、3倍近くになっています。

 

1年くらいの積立投資ですと、画面に表示される含み損はとっても気になるかもしれません。でも、5年後、10年後、さらに20年後にはほぼ勝ち組になれることでしょう。

過去20年間の米国株インデックス投資で負けたパターンはありませんから。

(10年だと、ドットコムバブル崩壊からのリーマンショックって悲惨パターンがあります。多分ロスジェネ世代が、それに思いっきりかぶってしまった世代かと。)

 

含み損が気になるのはひじょーにわかります。ですが、ここで止めてしまうと資本持ち側には戻れません。資本を持つ側になるということは、リスクも負う側になるのだから、ここは堪えていきましょう!

資本を持つ側>働く側 

  • 資本を持つ人が得られるリターン r 
  • 働いた経済成長率による得られるリターン g 

この2つには r > g という性質があるといわれています。

つみたてNISAにしても、資本を持つ人は必ず最終的にはリターンを得ます。

今が含み損だったしても、ここでやめたらもったいないのです。

継続する株式投資こそが、フツーの世帯で生まれた人たちが、資本家になれる唯一の道ですから。

まぁそんなときはとりあえず、私の今年入れ替えた投資信託の含み損でも見ていってくださいw

f:id:kaedena:20181211195504p:plain

ボーナス出てるのに圧倒的マイナス…!しばらくはまたこのような状態が続くかもしれません。

逆に考えれば、下がっているときに買えるというのは安売りセールが始まるとも言えるのです。チャンスともいえるでしょう。

 

まとめ

たしかに、資産形成のためにお金を入れたのに表示される金額はマイナス…。

ツライです。ものすごくよくわかります。ほんとーに、私も何度も投げたくなりました。

ですが1年単位でいうと、2008年~2009年のリーマンショックでは50%近くの下落が出ています。

短期的には何があるかわかりません。もうちょっと緩やかな下落でいうと2016年のブリグジットあたりでは1年間じわじわと下落して、結局-5%くらいに落ち着いた年もありました。

インデックス投資なら、まずは5年くらいを見てみましょう。

できれば10年。20年以上なら過去無敗です。もちろん20年経過したら自分も年を取りますから資金をどこで使うか?っていうのも考えてみましょう。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 私は、S&P500という指数に対応するインデックス投資信託を主力としています。過去20年間保持した場合無敗、というのはこの指数のことですね。

 

 

www.kaedena.com

 もう一つ、ニッセイ外国株式インデックスは鉄板のインデックス投資信託です。