カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

ボーナスは資産になるものか、経験になるものにつかおう!

こんにちはカエデナです。

f:id:kaedena:20181216175343j:plain

今年もボーナスの時期になりましたね。

特に大手企業のボーナスはかなり高い金額が支給されております。

 

さて、ボーナスの使いみちについては考えていますか?

一番多いのは、「貯金」という答えが多いことでしょう。

でも、残念ながら「貯金」はすでに資産にはなりません。資産というものは、それそのものが資産を生み出してくれるものです。

現状のマイナス金利においては、貯金はインフレや円安によってその価値が減少してしまうものになります。

貯金100%というのは、安全資産である一方、毎月少しずつ価値が失われていくものだという認識が必要です。

10年前はiPhoneが5万円で買えたけれど、今は10万円するようなものですね。

もちろん、10年間貯金していたって利息はほとんど0に等しいです。

 

それでは、資産とはどのようなものを指すのか?

資産となるのは、それそのものが価値を生み出してくれるものです。

例えば、優良企業の株式などはそうですよね。ただし、優良企業といってもどの企業が今後成長をするのかを見極めるのは至難の業となります。

先日も、超優良企業であるアメリカの「ジョンソンエンドジョンソン」が不祥事疑惑で株価が一気に下落しました。

こういった部分を予測するのはむずかしいので、一般的には「インデックス投資」というのをオススメします。

 

www.kaedena.com

 

インデックス投資は、たくさんの株式をまとめて購入します。

しかも、その時価総額に応じて投資先をコントロールしてくれるので、企業や世界情勢の変化に柔軟に対応してくれるため、私達は何もする必要があります。

ただし、10月から少しずつ株価が世界的に下落しているので、株式である以上はげらくするリスクは必ずあるといってといでしょう。

 

もし、もっと資金に余裕がある場合は不動産投資というのもありでしょうね。

ただし、不動産投資はインデックス投資と違って誰にでもできるものではありません。

同じ物件を仕入れるにしても、人によって価格が違ったり、そもそも優良物件などは市場に出回るものではありません。楽待あたりで大量に乗っているのは、既に利益が出るような物件ではなさそうです。

 

経験に使おうっていうのはどういうこと?

最近は、若者の○○離れといわれて久しいですが、私は逆にとらえていまして、若い間のほうが経験に振ったほうがよいかと思っています。

もちろん、株式投資なんかは時期がながければ長いほど有利ですが、20代のウチから60歳を超えたときのためにギリギリまで生活を切り詰めて貯蓄(積立投資)に励むのはそれほど面白くないかな、と思います。

このあたりはバランスが必要かと思いますが、税金の塊と言われている自動車を買っても良いと思います。もしくは、海外旅行に使っても良いかと思います。

というのは、私自身が少し後悔しているから、です。

私は20代後半から積立投資に全ツッパしてきたため、相対的に金融資産は多い方に入っていますが、本当に残っているものは金融資産。それだけです。

お金だけ持っていても、仕方ないので経験になるものにはどんどん使った方が良いと思います。

 

まとめ

基本的には、ボーナスは「資産」を買うか、「経験」を買うかにしたほうが良いと思います。貯金は短期的には安心ですが、長期的にはインフレや円安などにより確実にその価値は目減りしていくものだと考えたほうがよいでしょう。

 

お金を運用にすることに集中してすべてのお金を投資に突っ込むのもありですが、旅行や自動車などでもいわゆる経験になるものにもどんどん使ったほうが良いと思います。

 

ただし、特にボーナス後はクリスマス商戦というのもあり、「ボーナスのセール」には気をつけましょう。本来必要なものであれば、安くなくても買うべきであり、安くなったから買うものではありませんからね。ここは本当に「浪費」になります。

 

ボーナスの使いみちは計画的に。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 お金に全ツッパしても、経験がないとちょっと寂しいものです。

 

 

www.kaedena.com

 安くなっているからって、一発逆転を狙って仮想通貨とかに手を出してはいけませんよw