カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

twitterは時間の無駄か?SNSとの付き合い方を考えてみる

こんにちはカエデナです。

f:id:kaedena:20190114125453j:plain

今回は、投資や節約ではなく、自分の時間の使い方について考えてみたハナシです。

私のtwitterアカウントも、ブログ告知用として始めたtwitterアカウントです。

しかしボーッ生きているとブログ自体を更新しなくなったり、勉強もしなくなったり、SNSばっかり眺めるようになったりするようになりました。

じゃあそれって、どのくらいの時間使っているの?と考えたところ。

iPhoneもといiOSには、スクリーンタイムというスマートフォンをどのように使ったか?というのがわかります。それで今週の結果がこれです。

 

f:id:kaedena:20190114125509p:plain

なんと、twitterアプリだけで一週間で17時間です。

一日に平均すると約2時20分もtwitterのアプリを使っていたというわけです。

すべてが無駄とは考えませんが、これだけの時間を他に使ったらだいぶ違うことができそうですよね。

SNSは時間の無駄になるのか?

SNS自体は、ココロのスキマを埋めてくれるようなツールでもあって、「いいね」とか頂けると楽しいものです。まぁ私みたいな、ぼっち向けというか。

そういうのもあって、私などは一人ごはんが多いので、たまに外食に行って食べたものをアップしたりする程度なら楽しんでやれるものです。いいねやリプライなんかが頂けると楽しいものですよね。

とはいえ、スマートフォンのtwitterアプリの良し悪しは別としても、何も考えないで画面を見ているだけで時間が潰せる(なくなっていく)ということなのです。こうして、特に休日なんかは数時間もアプリを見て時間を浪費していた感があります。

f:id:kaedena:20190114133028j:plain


SNSアプリを使って一日3時間近い時間を使うのなら、ブログのエントリーもできますし、他に勉強したり読書に当てたりする時間が取れていたハズです。

 

最近、「社会人の平均の勉強時間は6分」というハナシがありました。

社会生活基本調査である、

www.e-stat.go.jp

ここからの引用かもしれません。

6分はあくまでも学業であるので社会人で学校に通っている人はそれは少ないのかもしれません。自体はそこまで極端ではないと思いますが、本来自己啓発などに当てるべき時間を使っている実感はありましたね。

相手との距離感がわからなくなって消耗する

最近危ないな、と思ったところはSNSにおいて相手との距離感がわからなくなることです。

「いいね」を頂けるとうれしいのですが、それにより危ない発言をしてしまうことがあります。特に夜にお酒を飲んだあとに、携帯なんか触っているときは何も考えていない場合です。これが一番キケンでした。

自分にとっては冗談のつもりでも、受け取る側にとってはそれではじゃ済まないこともあります。その逆に、誰かの意図しない発言で自分がダメージを受けることがあります。

私はナイーブな人じゃないので、バンバン突っ込みを入れてくれて良いのですが、ダイレクトに来るようなのはダメージ受けましね。

f:id:kaedena:20190114133124j:plain

何度も会ったことが会ったり、もともと知り合いだったり場合はある程度許容範囲もわかります。

でも、そうでない場合はこのあたりの距離感がわからなくなるなります。もともとコミュ障の私としては、リアルと同じで人との距離感がむずかしいツールでもありました。

いままで、不快な思いをさせてしまった方々に深くお詫び申し上げます。 

スマートフォンアプリをなるべく立ち上げないように意識しようと思う

パソコンで作業していたり、勉強や読書をしているときにはtwitterというのはあまり気にならないものです。(あとは普通に仕事ですね。多分これが一番時間が長いと思いますが)

外出先での連絡や、何らかの通知が来たとき、あとは外出先で写真を撮ったりみたいなとき以外はアプリを立ち上げないようしようかな、と思います。

使うとしたらパソコンを使って、冷静な状態で使えるようにしようかなと。 

まとめ

社会人にとっては、休日は貴重な時間になります。

twitterアプリで長時間画面を見ているだけの時間は、もったいないのかもと思ってきました。その時間は、ブログや勉強にも使える時間ですよね。

できるだけtwitterはパソコンの画面で冷静に、そして他の作業と併用しながら使っていこうかと思います。

でも引退はしないので、また遊んでくださいね!