カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

やっぱりiDeCoに入ろうかと思っています。その理由とは?

こんにちはカエデナです。

f:id:kaedena:20190531181217j:plain

以前、私は「私はiDeCoには今の所入る予定がない理由」という記事をアップしています。 

www.kaedena.com

 

でも、最近になってiDeCoに入ろうかなーと考えていたりします。

その理由とは?

外で何らかの形で社会にいないと精神が持たない

ですが、最近状況が変化してきて「やっぱりある程度は働こうかな」という気持ちになってきています。2019年の5月はゴールデンウィークが長く、休みが長かったですよね。

それでこのときに、何をしていたかというと…。

「Amazon Primeビデオで動画みながらダラダラ酒飲んでる、クズな生活をしていた。」わけですよ。

 

 www.kaedena.com

 この生活、忙しい日々を送っていると夢のような生活を送っているように見られますよね。でも違うんです。はっきりいってメチャクチャ苦痛でした。

仕事に行っても良いんですが、一人で作業するのもキツイですし、光熱費かかるので無駄に一人だけ越させたくもないわけです。

で、これが、もしアーリーリタイヤなんかして50歳くらいで家に引きこもったらこの生活が延々と続いてしまいます。

こういってはアレですが、そうなったらもう失うものは命と金しかない状態です。

これはちょっとキツイですね。正直、人生のピークは60歳前後に持っていきたいですし、そこまでの知識量もためていきたいです。

とりあえず60歳までは社会生活をしよう!

ゴールデンウィークで、いったん生活が堕落するともう戻れなくなりそうで非常に恐怖でした。

働くのは大変ですが、最近は異常な残業時間などは減って来ており、また高齢化に伴ってある程度年齢があっても求人も増えてきています。

もしかすると、60に近づいたら給与所得者(会社員)ではなく、いままでの経験と知識を生かして独立開業なんていうのもありでしょう。とくに開業にかんしては、金融資産は多ければ多いほどこころの余裕がでてきますからね。

f:id:kaedena:20190531181406j:plain

少なくとも、60歳までは社会生活を送ろうかと考えています。

それ以降に関しては、まだちょっと不明です。流石に60歳も超えると体力もどんどん落ちてきますし、やれる仕事の範囲も少なくなってきます。

体力に合わせて、仕事もやっていけたらと思っています。

とにかく、一度引きこもったらマジで闇落ちします。気をつけないと!

 

ということで、iDeCoについてまた検討しています

60歳まではある程度仕事をしつつ、少しでも節税できれば良いかと思います。

FPとしては(まだ合格書来てないだろうが!)今、日本で生活している以上一番重要な知識は税金だと思います。

まずは収入を増やすよりも税金について知ることが一番ですね。

f:id:kaedena:20190531181439j:plain

それに、iDeCoは毎月23,000円までとそれほど大きな金額を投資することは出来ません。ただし、これだけの所得控除があれば税金でのメリットのほうが大きいかなと思います。

つみたてNISA + iDeCo を全部満額行くのはちょっとつらいので、バランス考えて加入しようかと思います。

 

まとめ

早いうちからリタイヤすると、意外と精神面がキツイ。

なので、少なくとも60歳はまではまず仕事をしてみようかと思います。

iDeCoの場合、月23,000円と多額の積立は出来ないですが、その分節税が大きく取れます。稼ぐよりも、税金対策のほうが効果が大きいため、節税のほうをメインに手をつけて行こうかな、と考えています。

 

以下、関連記事です。

 

www.kaedena.com

 つみたてNISAは、途中で止めることができますのでまずはつみたてNISAからというのもありですね。iDeCoの場合、若い人にとっては30年以上も資金をロックされてしまうので、敷居は高いと思います。

 

 

www.kaedena.com

 2018年12月に、株価が大きく下げたときの記事です。また下げていますが、根気よく続けましょう!

 

 

 

www.kaedena.com

 iDeCoでも買うなら多分これかなぁ。

楽天証券だと、楽天全米インデックスになりそうです。Slimシリーズがないので。