カエデナの初心者向け資産運用方法

一般家庭に約立つお金を増やす情報や、節約、お金の考え方などについて紹介します。

カエデナのプロフィール

カエデナです。

 

さて、投資に当たって少しだけ自己紹介をさせてください。

どっちかと言うとお金の履歴書かも。

家族構成についてはシークレットにしていますので、ご配慮お願いします。

 

いわゆるロスト・ジェネレーション生まれです。

 

子供のころから、いかにして宿題を効率的に終わらせるか、というようなタスクをゲーム化しているようなクソガキさんでした。

帰りの会みたいな超非生産的なことをやっている中、ランドセルを盾にして宿題をこっそり全部終わらせて机の中に置いて帰るとか毎日でした。

 

そういったこともあり、小中学校ともにアホみたいに勉強した結果、県内トップレベルの公立高校に入学します。

入学したのは良いのですが、地頭の悪さによりいくら勉強しても学校内の半分の成績にも届かず、自身の能力の限界を15歳にして死ぬほど思い知らされました。

 

まぁ、学校内で勉強は出来なくてもトップレベル学校であればほぼ大学に行くし、公開模試で偏差値65くらいあるしなんとかなるや!とか思いきや。

実は、お金が全く無く大学に入学とか絶対無理な状況が判明。大学入学を断念。

 

1998年。

高卒で地元の中小企業に務めることになります。

この時の給料は額面で14万円。手取りにすると11万円くらいでした。

今考えるととんでも薄給ですよね。生かさず殺さずというか殺されるよ!

もはや貧乏人がどうやって這い上がるか、身に持って体験することになります。

いつか全員追い抜いてやるからな!と思いながら毎日超単純労働をしていました。

このときの金融資産は0円です。

 

1999年。

あまりの待遇の悪さと、仕事内容のつまらなさにブチ切れて退職。

お金もないくせに借金して上京。このときは、本当に人生かけた戦いでした。

ちょうど、ITバブルだったので資格取ってプログラマーやってやるぜ!

と意気込んで今で言う「応用情報技術者試験」を取り、フリーを受け付けてくれる派遣会社に登録。時給はなんと3,000円!超稼げるじゃん!という状態に。

このとき、金融資産は-50万です。

完全借金ですが、高単価の時給と強烈な節約により一気に貯金モードになりました。

 

2001年。

ITバブル崩壊により派遣の仕事がなくなりました。全員派遣切り。

このときの金融資産は200万円。当時は生活するのに手一杯だったため、投資どころではなかったのですべて貯金だったのが幸いしました。

 

2002年。

金融資産の減少と戦いながらも、正社員の内定をゲット。奇跡的に一部上場企業の正社員となりました。このときの金融資産は50万円。

ギリギリで生還したような気がします。

 

2009年。

リーマンショックによりリストラが発生。幸いにして生き残るものの、人員削減による激務になりうつ発症。(そして現時点でも不眠症は治らず。)

このときに会社に頼ってはいけないと思い、投資を始めようと決意。

しばらくして、ひふみ投信を発見することになります。

多分、この偶然の出会いがその後の金融資産に大きな影響を与えたのだと思います。

とりあえず余剰資金はすべてひふみ投信に集中投資することにしました。

 

 

2017年。

8年以上にわたり、ひふみ投信に余剰資金を全額突っ込んだ結果、元本1,500万円に対して評価額3,000万円に近づいていることに気がつきます。

と、同時に金額も増えてきたし日本株中小株グロースだけでは今後怖いかな、と考えて国際的に分散投資します。

さらに、個別株に集中投資をかけて一気に攻めることにします。

この時点では、投資信託は

・ひふみプラス

・ニッセイ外国株式インデックスファンド

という構成ですね。

 

2018年。

投資だけではなく、これからは副業も加味しなければいけないのかもと思い、ブログを開設しました。

年初の時点では、投資信託は

・ひふみプラス

・楽天全米インデックスファンド

になります。

その後ボーナスを全額投資で吹き飛ばしたり、優待銘柄で死にそうになりながらも、なんとか生きています。

 

将来的には、配当金で生きていきたいとか思ってます。

 

わかりやすくに言うと、

カエデナは18歳にしてお金で絶望し、その後ずっとお金を追い求めるおっさん

ということですねw

 

twitterもやっています。どうぞよろしくおねがいします!

twitter.com